スタッフ ブログ

スタッフがメールでのお問合せに答えたり
日常の雑感を日記風に語ります

Month: 9月 2019

学会発表 APCChE 2019

APCChE 2019(The 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress )に弊社研究員 加藤勇太が参加致しました。

発表テーマ「Next-generation fertilizer from cattle urine 」(牛の尿からつくる次世代肥料)

Yuta KATO [1, 2], Naoki UMEDA [3], Yujiro HONMA [3], Masaaki KONISHI [3]

 [1] D. Biotech. Env. Chem., G. S. Eng., Kitami Institute of Technology, Kitami

 [2] Kankyo Daizen Co. Ltd.

 [3] Biotech. Food Chem. Course Prog., Sch. Regional Innov. Soc. Design Eng., Kitami Institute of Technology, Kitami

弊社の製品「液体たい肥 土いきかえる」の植物に対する影響およびそのメカニズムについての研究成果の一部をポスターセッションにて発表致しました。

弊社は今後も研究開発に力を入れ、地球の健康を見つめていきます。世界へ貢献できるよう努力してまいりますので、今後とも弊社を応援していただけますよう、お願い申し上げます。

日本バイオスティミラント協議会の賛助会員になりました

このたび、株式会社環境ダイゼンは、2019年8月23日より日本バイオスティミラント協議会の賛助会員となりました。

日本バイオスティミラント協議会ホームページ

https://www.japanbsa.com/index.html

引き続き世界の農業に貢献できるよう研究開発を続けてまいります。

バイオスティミラントとは

 バイオスティミュラントは、植物に対する非生物的ストレスを制御することにより気候や土壌のコンディションに起因する植物のダメージを軽減し、健全な植物を提供する新しい技術です。 (日本バイオスティミラント協議会より)

第6回バイオテックグランプリにてJT賞 小橋工業賞を受賞しました

 このたび、株式会社環境ダイゼンは、9月21日に行われた第6回バイオテックグランプリにて「JT賞」及び「小橋工業賞」を受賞いたしました。

 私達は牛の尿を原料として、消臭液や土壌改良材を製造しております。これらの製品をお使いいただく事で、消費者の方も牛の尿による地球危機の解決に加わる事になります。

 私達は現在、地球を健康にするために日々研究を行い、技術に磨きをかけております。「地球の健康を見つめ、貢献していく。」そういう想いで活動をしております。

 これからも応援の程、よろしくお願い申し上げます。

消費税率引き上げに伴う「代引商品」弊社対応のお知らせ

食べる.たいせつ フェスティバル2019 in北見に出店いたします

北見会場 9月21日(土) 10:00~15:00

      サンドーム北見・サンライフ北見(北見市東三輪5丁目1番地)

会場では、天然成分100%の消臭液、バイオAW「きえ~る」、液体たい肥「土いきかえる」を特別協賛価格にてご案内いたします。

また、サンドーム会場では弊社の体験プログラム【オリジナル色の「魔法のように消臭」を作ろう!」製造体験を開催いたします。

24名限定(小学生以下)ではありますが、皆様のご応募お待ちしております。体験時間 約30分 お一人様 2個製造致します。

開催時間

①10:30~11:00 お子様、8名様まで

②11:30~12:00 お子様、8名様まで

③12:30~13:00 お子様、8名様まで

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

選書フェア「組織の発酵を促す21冊 環境大善の発酵経営/青山ブックセンター本店」を開催いたします

選書フェア「組織の発酵を促す21冊 環境大善の発酵経営/青山ブックセンター本店」を9月12日(木)から青山ブックセンター本店様で開催いたします。

http://www.aoyamabc.jp/

選書のテーマは「発酵経営」。

「組織の発酵を促す21冊 環境大善の発酵経営」

と題しまして弊社経営で参考にさせていただいている書籍を選書させていただきました。何かのご参考になれば幸いです。

POP、冊子等のディレクションは札幌を拠点に世界中で活躍されているアートディレクター鎌田順也氏。

是非お近くにお越しの際は足を運んでいただけると幸いです。

「きえーるuシリーズ」第4弾「きえーるどうぶつ用」先行発売開始

安全・安心・人と環境にやさしいバイオ液を製造する株式会社環境ダイゼン(本社:北海道北見市、代表取締役社長:窪之内 誠)は、ペットとの日常生活を便利に、快適にする消臭液「きえ〜るUシリーズ」の第4弾として「きえ-るどうぶつ用」を、2019年9月10日より先行発売いたします。

〇先行発売店舗

東急ハンズ

(一部店舗でお取扱いしておりません)

_

_

アース動物病院

_

_

_

  • 〒090-0052 北海道北見市北進町4丁目3番43号
  • TEL: (0157)22-6367

美幌動物病院

  • 〒092-0066 北海道網走郡美幌町字青山北51−8
  • TEL: (0152)73-1011

_

〇製品特徴

<スプレータイプ>
ペットのふん尿臭には、直接スプレーして下さい。体毛・口・肛門まわりの気になるニオイには直接スプレー、又はガーゼ等に浸透させて拭いて下さい。
水槽の消臭には水の交換時に本品を水1Lに対して1ml投入して下さい。
ケージ周りや昆虫マットの消臭には直接スプレーして下さい。

<ゼリータイプ>
フタ裏の銀色パッキンを取り外して使用してください。目安として、6~8畳のお部屋に1個置いてください。気温や湿度の変化で一定ではありませんが、1.5~2ヶ月効果が持続します。

<屋外タイプ>
ペットのふん尿臭・マーキング臭はニオイにより原液、または3~10倍に水で希釈して散布してください。
庭の土や芝生のおしっこ臭には本品を散布した後、じょうろ等で土を湿らせる程度に散水すると効果的です。

経済の伝書鳩9/4で、弊社の地球環境改善活動をご紹介いただきました。

牛の尿を原料に消臭剤や、高性能植物成長促進剤を含んだ「土壌改良材」が注目され、空気をきれいにし、水と土を再生、未利用バイオマスをリサイクルする究極の循環システムの関心が高まってきている中で、北見発の新技術が世界の農業を救い、地球を健康にする取り組みが紹介されました。

バイオテックグランプリ2019 ファイナリストに選ばれました

株式会社環境ダイゼンは、株式会社リバネス社主催の「バイオテックグランプリ2019」のファイナリストに選出されました。

これからも弊社は、バイオテクノロジーで「人」「暮らし」「環境」を整え地球を健康にし、世界に貢献することを目指し、研究開発に邁進してまいります。

経済の伝書鳩8/29で(JICA)スリランカ農業行政官らの来社内容をご紹介いただきました。

国際協力機構(JICA)事業で来日しているスリランカの行政官10人が、視察されました。アグリビジネスをテーマに、スリランカの事業に活かす取り組みで、弊社の牛の尿を原料に消臭剤や土壌改良材を開発したいきさつ等、熱心にメモを取っていました。「スリランカでも同じような環境問題を抱えているので興味深く聞いた。帰ってから活かしたい」と感想を語っておりました。