この度、オホーツク網⾛農業協同組合(以下「JA オホーツクあばしり」と記載)と環境⼤善株式会社(以下「環境⼤善」と記載)は、液体家畜排泄物の処理及び有効活⽤について、「みどりの⾷料システム戦略」を達成していく事を⽬的とした包括的な業務提携を⾏う為、協議を開始いたしました。

数年前より環境⼤善株式会社は、JA オホーツクあばしりが管理運営する液体家畜排泄物処理プラントより原料を購⼊し、独⾃技術により加⼯することでオリジナル商品の「液体たい肥 ⼟いきかえる」(以下「⼟いきかえる」と記載)を製造・販売しております。 

環境⼤善は⾃社の研究所「⼟、⽔、空気研究所」を持ち、国⽴⼤学法⼈北⾒⼯業⼤学と連携し「環境⼤善共同研究講座」を北⾒⼯業⼤学内に開設しております。これまでの研究成果により、有機肥料では難しい品質の安定化をはかることに成功しております。この品質の安定化は特に海外市場での評価が⾼く、輸出数量も2018年度は40トン程度であったものが2021年度は120トンと約3倍に増加しており、2022年度も増加傾向にあります。
JA オホーツクあばしりとの提携により、新たなイノベーションの創出だけではなく原料の安定供給も可能となり、急増する海外ニーズへの対応も可能となります。

環境⼤善が製造する「⼟いきかえる」には、植物生長促進効果が含まれており肥料との相乗効果が出る事も判明しております。また、この資材は⼟壌中にあるリンを植物が吸収しやすくなる「りん循環活性」(※1)を向上させる効果や、⼟壌が持つ窒素有機物を硝酸態窒素に変換する⼒に優れており、肥料価格が⾼騰している現在、特に注⽬されております。
今後、お互いの知⾒を持ち合わせる事で、処理技術・製造技術を⾼度化させ、循環型農業の牽引を⾏っていきます。

当該取組では、未利⽤バイオマスとなる事が多い液体排泄物に付加価値をつける事でアップサイクルをし、またその製造に伴う運送や社会福祉法⼈への業務委託、オホーツク圏の⼤学との共同研究など地域社会での経済循環も得られます。これらはサーキュラー・エコノミー(循環型経済)を成し遂げており、我が国として⾏っている「みどりの⾷料システム戦略」の具体的な取組にも合致しております。 

※1 りん循環活性・窒素循環活性についてはこちらをご参照ください
https://sofixagri.com/sofix/

JA オホーツクあばしり 農産部⻑ ⾅井英樹 のコメント 

『当JAでは、⽜の尿を集荷し特殊肥料化する「液肥センター」を設備しております。液肥の製造技術は、幼少よりお世話になっていた獣医の先⽣より学び更に⼤都市の下⽔処理場を数カ所訪問しながら処理⽅法を確⽴致しました。液肥ミネラル分を多く含む微⽣物が活性した液体となっておりこの取組みは、「平成12年度ゆたかな畜産の⾥普及・啓発事業 農林⽔産省⽣産局⻑賞」を受賞しております。「液肥」については、環境⼤善(株)の窪之内社⻑や窪之内会⻑とのパートナーシップ(事業連携)により、消臭剤・発酵促進材・⼟壌活性効果等の商品加⼯をされ⼤⼿ホームセンターを中⼼に販売をされている事や海外輸出にも取り組んでおり、地域は基より国内外での循環型農業と持続可能な取組みの連携確⽴ができ⽬指すべき「SDGs」だと思っております。』

環境⼤善株式会社 代表取締役 窪之内 誠 のコメント

『私は「⽜の尿」を新しい資源だと捉え、仲間と共にサーキュラーエコノミーの輪を広げていく事で、地域農業の持続可能性を確かなものにしていきたいと考えています。今回の業務提携では、JA オホーツクあばしり様の液肥を作る技術と、当社の持つ消臭液、発酵促進材、⼟壌改良材へと加⼯する技術を融合させ、さらなる技術⾰新を起こす事で循環型農業の⼀つのモデルが確⽴すると期待しております。』


PDFはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d54114-20-bf6d156a52684d9559249416325899c9.pdf

本件リリースに関するお問い合わせ先 
環境⼤善株式会社 
代表取締役 窪之内 誠 /取締役 ⼯藤 公太 
北海道北⾒市端野町三区 438−7 
電話:0157-67-6788 
Mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp