北海道 北見から
世界へ

「善玉活性水」の消臭商品開発から
土地改良・環境保全事業まで

環境大善について

弊社は、北海道の主要産業である酪農が引き起こす水質汚染や悪臭被害の改善を目指し、発酵処理による牛尿の無害化と発酵液に含まれる機能性を活用した「善玉活性水™」の製造販売を行っております。2019年より「発酵経営™」を掲げ、今季は発酵経営のビジョンをより鮮明なものにし、持続可能なアップサイクル型循環システムにより地球環境の改善を推し進めてまいります。

アップサイクル型循環システム

発酵経営®とは

弊社は、微生物発酵を利用して商品を作る過程で多くのコトを学んでいます。
発酵と腐敗は紙一重で、善玉菌が優勢で人にとって有益な有機物を生み出すものは「発酵」、その逆を「腐敗」と位置付けています。発酵と腐敗の差は菌の「居住まいの良さ」で決まります。善玉菌、つまり善い人が活躍しやすい場所では発酵が進み新たなイノベーションが生まれます。
環境を整え、善い人を育て、時間をかけて「思いを”発酵”させていく」新しく、深く、広い考えを生み出し、土・水・空気をあるべき状態に整えていきます。それが環境大善のミッションであり発酵経営です。

会社概要

平成10年ホームセンターで、店長を務める窪之内覚が知人の持ち込んできた「善玉活性水」に消臭力があることに着目し、「きぇ~る」の名称で商品化、同時期木酢液を利用した入浴剤も開発し、ホームセンターの環境商品事業部として平成12年から全国へ向け製造販売を開始する。
平成18年ホームセンターより、環境商品事業部を譲り受け独立開業。

会社名環境大善株式会社
所在地〒099-2103 
北海道北見市端野町三区438-7
電話番号(0157)67-6788
FAX番号(0157)67-6618
メール
アドレス
otoiawase@kankyo-daizen.jp
役員・執行役員
取締役会長
窪之内 覚
代表取締役社長
窪之内 誠
取締役
財務戦略・研究開発担当
工藤 公太
監査役
加藤 健一
執行役員
工場長
佐藤 政之
執行役員
マーケティング室 室長
中川 和信
執行役員
経営サポート室 室長
佐久間 智美
設立年月日平成18年2月9日
従業員数19人
営業日月曜日~金曜日
土・日・祝日・年末年始 休み
業務内容・有用微生物群を発酵培養した「善玉活性水」の消臭力・土壌改良などの効果に着目した商品開発、販売、製造
・木酢液を利用した商品開発、販売、製造
・その他環境保全や改善に寄与する商品開発、製造
顧問弁護士事務所弁護士法人内田・鮫島法律事務所 URL:http://www.uslf.jp/

アクセス

〒099-2103 北海道北見市端野町三区438-7
[交通機関] 端野駅 徒歩約10分/ 端野農協バス停 徒歩約8分