この度、環境大善株式会社の創業者 窪之内覚(取締役会長)が、令和3年度春の叙勲(旭日単光章)を受賞する運びとなりました。
 私たちは、2006年2月の創業以来一貫して「アップサイクル型循環システム」を提唱し運用してまいりました。当時より持続可能な社会へ向けての活動をおこなっており、その成果が国に認められた今回の叙勲受賞は非常に栄誉ある事だと感じております。
 これからも次世代へと受け継げる技術を確立し、地球の健康を見つめていきたいと思っております。

アップサイクル型循環システム とは
公害の元となる牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材、水質改良材を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生します。この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。