スタッフ ブログ

スタッフがメールでのお問合せに答えたり
日常の雑感を日記風に語ります

Tag: お知らせ (page 1 of 13)

謹賀新年

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も社員一同、品質向上に向けて頑張ってまいりますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年は1月5日から平常営業とさせて頂きます。

令和4年 元旦

新連載スタート!企画に込めた想いを語る〈環境大善マガジン 善玉菌を探す旅 #1〉

今回から新しく「環境大善マガジン 善玉菌を探す旅」が始まります!毎月1回程度、環境大善や商品に縁のある方を取材し、掲載していきます。初回は、代表取締役社長の窪之内誠さんに、本企画に込めた想いについてお伺いしました。

(photo by 原田啓介)

代表取締役社長 窪之内誠(くぼのうちまこと)
1976年、北海道北見市出身。大学卒業後は18年間地元の事務機器の販売会社に勤務。営業からマーケティングまで幅広く担当。父である窪之内覚さん(現 会長)が立ち上げた株式会社環境ダイゼン(現 環境大善株式会社)に、2016年に入社。代表取締役専務を経て、2019年2月より現職に就任。「地球の健康をみつめる」というコーポレートスローガンを掲げ、2020年には「土、水、空気研究所」を設立。リブランディングや研究開発など様々な取り組みを行う。趣味は登山とカメラ。グリーンシーズンには毎週のように知床をはじめとした道東の山々に出かける。


ー環境大善をはじめて知る方に会社と製品についての紹介をお願いします。

私たちは北海道の東、酪農地帯の真ん中にある北見市で、発酵技術を使った研究や商品開発をしています。父がホームセンターの店長をしていた時に「牛の尿の発酵液」に消臭効果を発見したことが会社の起こりです。「牛の尿が宝物になる」と可能性を実感し、62歳の時に「株式会社環境ダイゼン」を起業をしました。

代表的な商品として、バイオ消臭液「きえ~る」と「液体たい肥 土いきかえる」があります。前者は排水溝やペット臭といった生活環境の様々な悪臭に対して消臭効果があり、後者は作物の生育促進効果があることが分かっています。

この2つの商品、パッケージは異なりますが、実は中身は同じものだという事をご存知の方は少ないと思います。

▲バイオ消臭液「きえ〜る 室内用」。
▲バイオ消臭液「きえ〜る 排水管用」。
▲「液体たい肥 土いきかえる」。

ー同じ中身なのに、様々な効果があるんですね。

はい。使用シーンを想定しやすいようにパッケージを変えているだけで、中身は同じ液体です。当初は元々の発酵液の色(茶色)の商品しかありませんでしたが、そのままだと布などの消臭には使いづらいことから、透明と有色液に分離する仕組みを開発しました。「商品ごとに濃度を変えている」ということもありません。様々な効果があることがこの発酵液の面白さだと感じています。

この液体は私たちががもつ環境微生物に牛の尿を餌として与えて生み出しています。「牛の尿」と聞くと、汚くないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、完全に発酵をさせているため、尿とは全くの別物に変化しています。酵素やミネラル、乳酸菌を含み、ある種類の微生物の働きを抑えて、善い微生物の働きを活性化することから「善玉活性水」と名付けました。

▲「きえ〜る」は、用途に応じてさらに複数のパッケージがあります。

実は元々、牛の尿は雨などで川に流れ込むと悪臭や水質汚染などの原因になってしまうことから、処理に困る酪農家さんが多くいらっしゃったんですね。でも微生物の力で完全に発酵させると無臭になるだけではなく、消臭や作物の生育促進などの効果がある有益な液体に変えることができるのです。

このように新しい価値を与えるものづくりを私たちは「アップサイクル型循環システム」と呼んでいます。善玉菌の「善」、そして「環境に大きく善いことをしたい」という想いから、会社名も「環境大善株式会社」へ変更しました。

▲北海道には現在約80万頭もの乳牛が飼育されていますが、
このような尿の活用は一部にとどまっています。

ー善玉活性水を使えば使うほど、牛の尿の処理にも繋がり、環境への負担も減るということですね。牛の尿を便利なものに変えてしまう「発酵」ってどんなことなんですか?

微生物の働きの1種です。私たちの身の回り、そして体の中にも、たくさんの種類の微生物が存在しています。彼らは日々餌を食べて新しい物質を作り出していますが、人間に有益な物質を作り出した場合に「発酵」、有害な物質を作り出した場合に「腐敗」と呼んでいます。人にとって有益なのか有害なのかという、あくまで人間目線のものなんですね。

温度や光などの条件が異なると、活発に働く微生物の種類が変わってくるため、発酵が進んだり、腐敗が進んだりと異なる反応をしてしまいます。ですので、私たちは、善い微生物が働きやすい環境を調整することで善玉活性水を作り出しています。

▲発酵の様子。

ー今回の新シリーズのタイトルにはどういう想いを込めているのでしょうか?

「善玉菌を探す旅」というタイトルですが、実際に微生物を探す旅に出るわけではありません。「きえ~る」や「液体たい肥 土いきかえる」を継続して使用していただいている方を「善玉菌」になぞらえて、お話をお聞きしていきます。

環境大善では、微生物はもちろん、人間や環境に善い働きをする人やものもひっくるめて「善玉菌」と捉えています。善玉活性水を使っている方も、環境に善いことをする人であり「善玉菌」なのです。

先程も少しお話しましたが、この善玉活性水の効果は未知数なんです。日々研究を行っていますが、新しい発見の連続で、様々な用途への可能性を感じています。実際に、私たちが想定していない使い方をして効果を実感しているという声もお客様相談室に届いています。こういった背景の中で、私たちだけではなく、皆さんの力をお借りしながら、善玉活性水の効果的な使い方や、新しい使い方を明らかにしていきたいと考えるようになりました。

そこで、北海道をはじめ全国の「善玉菌」の皆様に、どんなきっかけで善玉活性水を使い始めて、どのような使い方をし、効果を実感しているのか、お話をお聞きしていく予定です。

▲特に、発売から20年以上経つ「きえ〜る」シリーズは、「そんな効果があるなんて!?」と驚くような使い方の情報も届くそうです。(photo by 原田啓介)

ー「きえ~る」や「液体たい肥 土いきかえる」のユーザーの皆様=善玉菌に会いに行く旅ということですね。これから具体的にどのような方へ会いに行かれるのでしょうか?

まずは、農業で「液体たい肥 土いきかえる」を利用されている方へお話を聞きします。この商品は家庭菜園用だけではなく、大規模な面積で作物を栽培されている農家の方にも長年ご利用いただいています。実際にどのような問題があって使い始め、どのような効果があったのか等をお聞きします。他にも、動物の飼育をされている方や、主婦の方など様々な善玉菌の皆様に会いに行く予定です。そして、新しい利用法を発見した方がいらっしゃれば、ぜひ教えていただきたいです。

善玉菌ってとてもおもしろくて、善玉菌がいると周りの菌も善玉菌のような善い働きをするように変わっていったりするんですね。同じように、私たちも善玉菌の皆様の想いや利用方法などを発信することで、地球環境にとっての「善い活動」が周りに広がってほしいと考えています。

この企画を通して、まだ見ぬ善玉菌の皆様にお会いできることを心から楽しみにしています。それではこれから毎月、どうぞよろしくお願いいたします。

ライター:吉田(百目木)幸枝/https://twitter.com/domeky


次回は実際に商品を使用されている方へインタビューに伺います!
公式オンラインストアでは、12/25(土)まで大掃除キャンペーンを開催中。お得な大容量タイプも取り揃えておりますので、ぜひご覧くださいませ!

https://store.kankyo-daizen.jp/

年末年始の営業について

年末年始については、誠に勝手ながら下記の通り営業を休止いたします。

  • 12/28(火) 営業
  • 12/29(水) 営業
  • 12/30(木)〜1/4(火) 休業
  • 1/5(水) 営業

年内の発送は12/28(火)23:59ご注文分までとなります。
ご不便をおかけいたしますがご了承の程よろしくお願いいたします。

Webサイトからのご注文、お問い合わせにつきましては、1/5(水)より順次対応させていたただきます。

引き続き環境大善をご愛顧賜りますようどうぞよろしくお願いいたします。

総理大臣官邸に訪問致しました

 この度、第8回「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(※1)の受賞式が総理官邸にて行われ参加致しました。

【写真は向かって左から赤池内閣府副大臣、今村氏(株式会社読売巨人軍 代表取締役社長)、窪之内誠(環境大善株式会社 代表取締役)、木原内閣官房副長官、林良博(東京大学名誉教授)】

 今回、このような素晴らしい賞を受賞出来たことを励みにし、私たち環境大善はこれからも地球の健康を見つめていきます。
 今後とも私たちを応援いただけると幸いです。

(※1)「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は「強い農林水産業」「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出す事により、地域活性化や所得向上に取り組んでいる先の優良事例を選定しております。
ディスカバー農山漁村(むら)の宝 についての概要はこちらから

環境大善公式オンラインストアで2021年12月7日〜25日まで年末大掃除キャンペーン開催中!お得な情報盛りだくさんな公式オンラインストアはコチラから

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、年末年始の休業につきまして、次の通りお知らせいたします。

■年末年始休業 期間:2021年12月30日(木)~2022年1月4日(火)

休業期間中のホームページ、ECサイトからのご注文やお問い合わせにつきましては、 休業明けの2022年1月5日(水)より順次ご対応させていただきます。

休業期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

来年も環境大善をご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

超異分野学会北海道フォーラム2021に参加いたします

 2021年12月4日に札幌にて開催予定の『超異分野学会北海道フォーラム2021』(※1)に参加いたします。当日は弊社代表取締役の窪之内誠が「循環型農業の見える化〜地域資源の循環と有効活用を考える〜」と題されたセッションに登壇予定です。また、企業ブースに弊社製品の展示も行う予定となっております。

 環境大善が提唱し運営している「アップサイクル型循環システム」(※2)は、地域資源の有効活用には最適なシステムだと考えております。今後、分野を超えた研究成果を作用させることにより、アップサイクル型循環システムの高度化をおこなっていけると思っております。
 環境大善は今後とも地球の健康を探究していきます。引き続き私たちを応援いただけると幸いです。

※1 超異分野学会北海道フォーラム2021についてはコチラから

※2 私たちは、公害の元となる牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材等を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生しております。この循環をアップサイクル型循環システムと呼称しております。この循環内では、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。

一般社団法人SOFIX農業推進機構と「業務委託契約」を結びました

私たち環境大善株式会社(代表取締役社長 窪之内 誠)は一般社団法人SOFIX農業推進機構(代表理事:久保 幹、立命館大学生命科学部生物工学科教授)と業務委託契約を締結いたしました。今後はSOFIX診断を活用し土の健康状態の「見える化」に取り組んで参ります。

「SOFIX」とは、田んぼや畑の土の健康状態を診断する「土のものさし」で、土壌肥沃度指標と言い、「Soil Fertile Index」を略した名称です。 土を分析することで、有機栽培などの循環型農業に望ましい土壌成分の量とバランスを数値化でき、農耕地土壌の状態を計ることができる診断技術です。

今回当社では「SOFIX土壌分析診断代理店」として、土の微生物量や、土壌・たい肥の分析結果から診断書を作成出来るようになりました。 診断書は19項目の詳細分析結果が記載されており、ひと目で土のランクが分かるパターン判定を実施します。

当社で製造販売している「液体たい肥 土いきかえる」には、肥沃度の低い土壌の窒素循環活性及びリン循環活性(※1)を向上させる効果の他、植物生長促進効果が認められております(※2)

SOFIX診断と組み合わせることにより、分析結果に基づいた土いきかえるの施肥提案も可能となります。

今後も環境大善は、地球の健康を見つめ邁進していきます。これからも私たち環境大善を応援いただければ幸いです。

■一般社団法人SOFIX農業推進機構

https://sofixagri.com/

■各診断メニューの診断項目・診断結果サンプル

https://sofixagri.com/service/

■分析申し込みURL https://docs.google.com/forms/d/1PDShgAqKIHwS8Rppg9gAnl_t3tUmpw0cUzivg6hNQg4/edit

「料金について」

メニュー税抜価格(税込価格)
(1)SOFIX(土壌肥沃度指標)分析30,000円(33,000円)
(2)MQI(堆肥品質指標)分析20,000円(22,000円)
(3)OQI(有機資材品質)分析18,000円(19,800円)
(4)3項目(全炭素、全窒素、総細菌数)分析12,000円(13,200円)
(5)1項目(総細菌数)分析7,000円(7,700円)
(6)初回限定価格サービス10,000円(11,000円)
(7)通常処方診断10,000円(11,000円)
(8)精密処方診断50,000円(55,000円)

※1 窒素循環活性とは「窒素有機物を硝酸態窒素に変換する力」。リン循環活性とは「有機態リン酸を変換する力」。参考「SOFIX農業推進機構」(https://sofixagri.com/sofix/)                      ※2 北見工業大学との共同研究において発見。

【リリースに関するお問い合わせ先】

環境⼤善株式会社                                                             北海道北見市端野町三区438−7                                                     マーケティング室 中川・⽯川・板橋・山田                                                  電話番号:(0157)67-6788                                                       FAX番号:(0157)67-6618                                                        E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/                                公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/                           公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen                               公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/                          公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

第8回「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」にて特別賞を受賞いたしました

内閣官房及び農林水産省が選定する第8回「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」にて、私たち環境大善が特別賞(ナイスネーミング賞)を受賞致しました。

 「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は「強い農林水産業」「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出す事により、地域活性化や所得向上に取り組んでいる先の優良事例を選定しております。

 私たち環境大善は、北海道北見市端野町という街で、「アップサイクル型循環システム」(※1)を提唱し運用しております。このシステムにより、地球環境だけではなく、周辺環境(地域経済の活性化等)も含めた環境整備を行っております。

 今後とも私たち環境大善を応援いただけると幸いです。

ディスカバー農山漁村(むら)の宝 についての概要はこちらから
https://www.discovermuranotakara.com/                                           

第8回選定地区結果はこちらから
https://www.discovermuranotakara.com/sentei/

(※1)私たちは、公害の元となる牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材等を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生しております。この循環をアップサイクル型循環システムと呼称しております。この循環内では、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。

「きえ〜るキッチン用 詰替」を発売いたします

この度、環境⼤善株式会社(本社:北海道北⾒市、代表取締役社⻑︓窪之内 誠)は、10月4日に発売しました、きえ〜るキッチン用400mlの詰替用として『きえ~る キッチン用 詰替』を2021年11⽉1⽇(月)から発売いたします。

 ■ 製品特性
環境微生物群(乳酸菌等)を発酵・培養した「善玉活性水」から生まれたバイオ消臭液です。無色透明なのでキッチンまわりに色がつきません。天然成分100%で、お肌の弱い方、ペットや小さなお子さんがいる環境でもご使用いただけます。

■『きえ~る キッチン用 詰替 』の概要

●商品名:『きえ~る キッチン用 詰替 1L』

・品番:S-KKC-1LT

・JAN:4562287810117

・内容量:1L

・販売価格:2,530円(税込)


●商品名:『きえ~る キッチン用 詰替 4L』

・品番:S-KKC-4LT

・JAN:4562287810124

・内容量:4L

・販売価格:8,580円(税込)

●商品名:『きえ~る キッチン用 詰替 10L』

・品番:S-KKC-10LT

・JAN:4562287810162

・内容量:10L

・販売価格:19,800円(税込)


●商品名:『きえ~る キッチン用 詰替 20L』

・品番:S-KKC-20LT

・JAN:4562287810179

・内容量:20L

・販売価格:38,500円(税込)

●成分:善⽟活性⽔(天然成分100%)

●⽣産:日本

●⽤途:キッチンまわりの臭いをスッキリ消臭・抗菌

●発売日:2021年11月1日(月)


■効果と安全性の検証

・抗菌活性試験 : 帯広畜産大学・(一財)日本食品分析センター
・消臭試験 :北見工業大学・(株)近畿分析センター・(一財)日本食品分析センター
・急性単回投与毒性試験 ・皮フ貼付試験 : 日本赤十字北海道看護大学

■使用方法
「きえ〜るキッチン用」の使用済みスプレーボトルに詰替えてください。
臭いが気になる箇所にまんべんなくスプレーしてください。
また、強い臭いの発生源には再度スプレーしてください。

■使用上の注意
本品は飲み物ではありません。
手肌にかかっても問題ありませんが、万一異常を感じたら医師に相談してください。
本来の用途以外には使用しないでください。

~持続可能な社会を⽬指して~

私達は、公害の元になる⽜のし尿を原料とし微⽣物発酵の技術を使い善⽟活性⽔を製造しております。「きえ~るキッチン用 詰替」は、その善⽟活性⽔を当社の独⾃技術により加⼯し製造した消臭液です。公害の原因である⽜のし尿を、価値のある善⽟活性⽔(消臭液や⼟壌改良材へ使⽤)へと変化させ、それを使⽤することで消費者の⽅も地球の環境危機の改善に⼀役買う、そういった循環型システムの構築を⽬指しております。 これからも「⼈」「暮らし」「環境」を整え、「地球」を健康にしていきたい、それが私達、環境⼤善の想いです。

■商品に関するお問い合わせ
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438−7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・山田
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

北海道電力が発行する「北海道SDGsアクションブック」に弊社の技術が紹介されました

北海道電力株式会社の「北海道SDGsアクションブック」に弊社の技術が紹介されました。この本は、ほくでんグループが創立70周年記念事業として全道の小学校でSDGsに関する出前授業を行う際の副教材となります。

弊社の技術は、「目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう」(P.13)に紹介されております。

私たちが製造する「きえ〜る」や「液体たい肥 土いきかえる」は、廃棄される資源・そのままでは役に立たない資源を「原料」と捉え、付加価値を付けてアップサイクルし、使用して地球に戻すことで循環させていくというサイクルを描いております。製造をすることで公害の元を減らし、その製品を消費する事で土、水、空気をあるべき状態に戻していく、当社独自の技術により運用されているこのシステムを私たちは、「アップサイクル型循環システム」と呼んでおります。

「地球を健康にするために、私たちに何ができるだろう?」

「アップサイクル型循環システム」は、環境大善がたどり着いた一つの結論です。
そして「牛の尿で、地球を健康にしたい。」
私たち環境大善は、本気で、そう考えております。

今後とも私たち環境大善を応援いただけると幸いです。

Older posts