スタッフ ブログ

スタッフがメールでのお問合せに答えたり
日常の雑感を日記風に語ります

Tag: 新聞 (page 1 of 2)

日本経済新聞電子版に「共同研究講座開設」記事が掲載されました

 この度、弊社は北見工業大学オホーツク農林水産工学連携研究推進センターと共に「環境大善共同研究講座」を開設いたしました。

  本講座は2020年 4月から5年間設置され、牛尿処理技術の向上や善玉活性水™の品質向上の他、様々な用途開発を目指した研究が実施されます。

 その記事が、7月1日の『日本経済新聞電子版地域北海道』に掲載されましたことをお知らせいたします。

 これからも、弊社がこれまで運用してきた牛尿処理技術を用いた「アップサイクル型循環システム」の普及を目指し、研究開発に取り組んでまいります。

 

 

◯アップサイクル型循環システム

公害の元となる牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、植物成長促進剤を含む液、水質改良剤を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生します。この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環が起こります。

これからも、「人」「暮らし」「健康」を整え、地球を健康にしていきたい、それが私達環境大善の想いです。

 

日本経済新聞電子版「共同研究講座」に関する記事はこちらからご覧いただけます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61012190R00C20A7L41000/

牛の尿は、農業を救う

北海道新聞5月15日北見版 に前回に引き続き私たちの考えを載せていただきました(前回の内容はコチラから)。

「地球を健康にするために、私たちに何ができるだろう?」

公害のもとになる牛の尿を用いて私たちが運用している「アップサイクル型循環システム」は、環境大善がたどり着いた一つの結論です。

そして、「牛の尿で、世界の農業を救いたい」

私たち環境大善は、本気で、そう考えております。


クリエイティブディレクション+アートディレクション 鎌田順也
コピー 清松俊也(キャッチャーゴロ)
イラスト 小川雄太郎

当社の労働環境整備に関する取組が、4月9日の北海道新聞(道東欄)に掲載されました

私達 環境大善は経営理念に「発酵経営®」を掲げており、菌(微生物)も社員も「居住まいの良さ」で「発酵」するか「腐敗」するかの差が出ると考えております。その為、職場環境においても安全に働ける「働きやすい職場」整備を目指しております。

その一環として弊社が導入した 着るロボット 「ATOUN MODEL Y」に関する取組が、4月9日の北海道新聞に掲載されました。

これからも私達は、「居住まいの良い職場環境」を整備していきます。

今後とも私達環境大善を応援いただければ幸いです。

 

(アトウンに関する以前の記事は下記写真リンク↓を参照ください)

北海道新聞様朝刊「地域の話題 オホーツク 北見」に『環境大善株式会社』新商号への変更に込められた思いをインタビューして頂きました記事が掲載されました

弊社は2020年3月1日、新社名『環境大善株式会社』とし、ブランドプロミス、 コーポレートアイデンティティの刷新を行うにあたりアートディレクター鎌田順也氏と共働し、 新たなスタートを迎えました。

この度、 3月30日(月)北海道新聞朝刊オホーツク欄に新商号変更に至るまでの経緯や、込められた思いをインタビュー形式で、掲載いただきました。

〇持続可能な社会の為に

私達は、公害のもとになる牛のし尿を原料とし、微生物発酵の技術を使い善玉活性水を製造しております。公害の原因である⽜のし尿を、価値のある善⽟活性水(消臭液や⼟壌改良材へ使⽤)へと変化させ、それを使⽤することで消費者の⽅も地球の環境危機の改善に⼀役買う、そういった循環型システムの構築を⽬指しております。

これからも「⼈」「暮らし」「環境」を整え、「地球」を健康にしていきたい、それが私達、環境大善の思いです。

日本経済新聞様の英字紙「Nikkei Asian Review」に掲載されました

先日、日本経済新聞様 全国面「地域発 世界へ」にてご紹介いただきました記事が、この度日本経済新聞様 の英字紙「Nikkei Asian Review」に転載されました。

弊社はアジア諸国で、独自の商品である液体たい肥の販売を強化しております。世界的に有機栽培への関心が高まっている中、とりわけ東南アジアでもその傾向は強く現れております。

これからも、アジア諸国とどまらず、世界各国の土壌環境問題に貢献して参ります。

https://asia.nikkei.com/Business/Agriculture/Japanese-organic-products-maker-turns-cow-urine-into-gold

日本語版「日本経済新聞」様記事はこちら

匂いは消さない でも、臭いは消す

北海道新聞 3月7日朝刊 北見版に1面広告を出させていただきました。
環境大善は今まで商品広告のみを打ってきましたが、CIリニューアルを機に、企業フィロソフィーやミッションをメッセージしていくことといたしました。
初回は環境大善が考える「匂いと臭い」にフォーカスしました。
2ヶ月ごとにテーマを設定し、1年間リレーしていきます。


クリエイティブディレクション+アートディレクション 鎌田順也
コピー 清松俊也(キャッチャーゴロ)
イラスト 小川雄太郎

日本経済新聞 全国面・新興・中堅Biz「地域発 世界へ」にてご紹介いただきました

環境大善は、アジア諸国で、独自の商品である液体の堆肥を販売を強化しております。 全世界的に有機栽培への関心が高まっている中、とりわけ東南アジアでもその傾向は強く現れております。 当社が製造している善玉活性水は、発酵処理による牛尿の無害化と発酵液に含まれる機能性を活用しており、地域の厄介者であった「牛の尿」を「宝」に変えることで、循環型のビジネスモデルを主導しております。これからも、環境大善は地球の健康を見つめていきます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56167190Y0A220C2FFR000/

日本経済新聞様「北海道経済」面にご紹介いただきました

この度、わたくしども株式会社環境ダイゼンは、株式会社リバネスのもつ専門的見地及び知識プラットフォームを活用し、既存の研究をより一層加速させていきたいと考えております。 これからも、環境ダイゼンは「人」「暮らし」「環境」を整え、「地球」を健康にしていきます。 何とぞ、応援の程、お願い申し上げます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55770530Y0A210C2L41000/

北海道新聞様「オホーツク面」にご紹介いただきました

独立行政法人 国際協力機構(JICA)が行う「第9回中南米日系社会との連携調査団」へ参加いたします。本事業は、ODAと民間ビジネス活動の連携を推進する中、かつて日本から中南米へと渡った日本人移住者及びその子弟によって築かれた日系社会を入り口として、日本の民間企業との連携を促進することで、現地の開発課題の解決に貢献し、さらに日本企業の中南米への事業展開を実現するといった互恵的な協力の可能性を模索して行われるものとなります。

派遣日程 2020年2月1日(土)〜2月17日(月)

当社の製品は、牛のし尿を微生物分解して出来た液体を原料としており、公害の原因である牛のし尿を、価値のある消臭液、土壌改良材へと変化させ、またそれを使用することで、消費者の方も地球の環境危機の改善に一役買う循環型システムで出来上がっております。

世界で一番乳牛の多いブラジルには、環境課題もたくさん存在すると考えております。「私達のもつ技術で、地球を健康にしたい」、そういう想いで今回の調査団に参加いたしました。私達はこの素晴らしいシステムを世界に向けて展開していきたいと考えております。何卒、応援よろしくお願い致します。

「中小企業家しんぶん」北海道版 様にご紹介いただきました

弊社が創業以来取り組んでいる、廃棄物に新たな付加価値を付けて、新しい製品を生み出す「アップサイクル型循環システム」と、未だ解明されていない事象に関する当社の今後の研究開発の方針について紹介いただきました。

Older posts