弊社が創業以来取り組んでいる、廃棄物に新たな付加価値を付けて、新しい製品を生み出す「アップサイクル型循環システム」と、未だ解明されていない事象に関する当社の今後の研究開発の方針について紹介いただきました。