当社は2020年2月1日〜17日までJICAの民間連携事業「中南米日系社会との連携調査団」へ参加致しました。

日系人が長年の活動で築いたブラジル国内での信用の高さに感銘を受けました。また、ブラジル国内での農業スケールの大きさは想像以上であり、商談会では弊社が行っているアップサイクル型循環システム(※)のさらなる可能性も見て取ることができました。

写真は商談会の様子です

紹介記事はコチラから。是非、ご一読くださいませ。

※アップサイクル型循環システムとは

私たちは仕事を通じ、空気をキレイにし、土と水を再生していきます。そして牛の尿を酪農家から買い取り、発酵・精製をして製品を創り販売をしていく、この循環システムは、牛の尿を購入することで地域経済を循環させるだけでなく、自動的に消費者も環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環が起こります。我々はこのようなシステムをアップサイクル型循環システムと呼び、日本のみならず世界で展開することを目指しております。