2021年4月2週号 農業共済新聞 (北海道)に、「未利用資源を有効利用」という見出しで記事が掲載されました。こちらは、善玉活性水を原料として弊社で製造販売している「液体たい肥 土いきかえる」についての記事となります。※「善玉活性水」製造の特徴である未利用資源を有効活用した「アップサイクル型循環システム」についてはコチラをご覧ください。

<液体だからできるスマート農業への対応>

固形たい肥とは違い液体の為、栽培途中の作物に散布することもできスプレイヤーでの散布の他にドローンでの散布も行われております。

ドローンでの散布時間は、通常に比べて4分の1となり農作業の効率化へと繋がっております。