この度、私たち環境大善株式会社は株式会社北洋銀行様の支援のもとSDGsに対する取り組みを作成し、「SGDs宣言」を致しました。

 私たちは、かねてより持続可能な地域社会を目指し、アップサイクル型循環システム(※)を提唱し、運用してまいりました。そして今後とも地球の健康に役立つ会社となるために、改めて自社における取り組みを整理し、SDGs宣言をする事と致しました。
 当社が掲げる多様性を取り入れた「発酵経営®」を推進することや、アップサイクル型循環システムのさらなる展開、地域社会へのより一層の貢献など、今後推し進めていく取り組みを纏めたものが今回のSDGs宣言となります。
 
 環境大善は、これからも地球の健康をみつめていきます。今後とも私たちを応援いただければ幸いです。

(※)アップサイクル型循環システム とは
公害の元となる牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材、水質改良材を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生します。この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。