2022年11月11日発行のオホーツク経済情報誌「TOA(東亜興信新報)」に「環境大善&オホーツク網走農協 業務提携に調印」という見出しで記事が掲載されました。

「TOA(東亜興信新報)」は株式会社東亜リサーチが発行する経済情報誌で、オホーツク全域の企業信用調査や、経済情報、各種データが掲載されております。

▶︎リリースの詳細はコチラから。
▶︎公式HPはコチラから。

東亜リサーチ 掲載許諾済み


【アップサイクル型循環システムとは?】
かつて公害の元になっていた牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材、水質改良材を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生します。
この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。


サステナブルな製法でつくられている「液体たい肥 土いきかえる」のご購入は公式オンラインストアがおすすめです。2,000円以上のご購入で送料無料。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 竹井
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen