スタッフ ブログ

スタッフがメールでのお問合せに答えたり
日常の雑感を日記風に語ります

「液体たい肥 土いきかえる」ほか、園芸・農業用資材のパッケージデザインをリニューアル

園芸・農業用資材のパッケージデザインをリニューアル

この度、私たち環境大善が製造販売している土壌改良材「液体たい肥 土いきかえる」・「芝生がいきいき」、植物保護液「無農薬への道」のパッケージデザインを一新いたしました。
「液体たい肥 土いきかえる」他は機能性だけではなくサステナブルな製法によりつくられており、使用することで消費者も地球の環境改善にも寄与することができます。

新しいデザインは、イラストを使うことで、より親しみやすく明るいイメージに刷新しました。また、商品名を見やすく視認性をUP。
情報の整理整頓を徹底的に行うことで、商品の効果効能を端的にわかりやすく伝えています。

前回のパッケージ

前回のパッケージよりも洗練され、弊社の目指すブランドの世界を表現。
ホームセンターでも手にとっていただけるよう、キャッチーなデザインで、過度な色使いが並ぶホームセンターの店頭でも目を引くよう刷新いたしました。

「液体たい肥 土いきかえる」の機能性をわかりやすく伝える

環境大善は事業承継を視野に入れ、研究開発型の会社へと舵を切りました。
その後、自社の研究機関である「土、水、空気研究所」を設立し、現在では「液体たい肥 土いきかえる」等の植物への施肥効果に関する様々な研究を行っております。
ユーザーへ商品の機能性を正しく伝えたい、そういう想いもあり行ってきた研究ですが、研究結果をわかりやすくユーザーに伝える事は大変でした。

「情報は多すぎても伝わらず、少なすぎても伝わらない」

伝えたいことが多すぎて雑多になっている状況を改善するため、アートディレクターの鎌田順也氏のアートディレクション・デザインにより「伝えるべきは何なのか」を明確にしていきました。

使用前・使用後の写真をわかり易く表示し、「散布するだけで、野菜や花がよく育つ」という端的なキャッチコピーで訴求しています。

無農薬への道、芝生がいきいきも同様にシンプルなコピーとわかりやすい視線誘導を心がけたレイアウトを行い、伝達力UPを行いました。

サステナブルな取り組み

私たちが製造する製品は、廃棄される資源・そのままでは役に立たない資源を「原料」と捉え、付加価値を付けてアップサイクルし、地球に戻すことで循環させていくというサイクルを描いております。
現在は、公害の元となる牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材、水質改良材を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生しております。

この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品を使用する人々も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。

環境大善はこのサーキュラー・エコノミーでなりたつ循環をアップサイクル型循環システムとよんでおります。

アップサイクル型循環システム

土、水、空気研究所について

2020年7月に既存の研究部署を「土、水、空気研究所」に変更しました。
研究の一貫として北見工業大学との共同研究講座も行っています。「地球の健康を探求する。」というスローガンのもと、研究所としての基盤となる技術「家畜し尿の微生物分解技術」を、様々な技術(悪臭改善、土壌改良、水質改善、微生物による有用物質生産、発酵食品開発など)に展開し、研究成果を社会実装することを目標に掲げています。

現在は国立大学法人北見工業大学に「環境大善共同研究講座」を開設している他、積極的に共同研究も行っております。

北見工業大学内の研究室

環境大善クリエイティブチーム

鎌田順也
アートディレクター・クリエイティブコンサルタント
1976年生まれ。デザインコンサルティングを行うKD主宰。理念作成からロゴマーク及びCI・VIデザイン、ネーミング、商品開発など多岐にわたって活動している。審査員として大阪・関西万博ロゴマーク、東京2020オリンピックエンブレム委員会、ロンドンD&ADパッケージ部門、経済産業省パッケージデザインコンテスト北海道2016~2019などに招請。受賞歴としてニューヨークONESHOW金賞、ロンドンD&AD金賞、日本パッケージデザイン大賞金賞、JAGDA新人賞、グッドデザイン賞など多数。

小川雄太郎
イラストレーター
1985年東京生まれ。多摩美術大学大学院グラフィックデザイン研究領域修了。ウェブ、雑誌、広告、映像、書籍などのイラストレーションを手がける。主な仕事にPARCO、キットカット、WIRED、リンネル、NHKEテレなど。GINZAMAGAZINEWEBにてショートコミック「トップスドッグズ」連載中。

清松俊也
コピーライター
エージー、岡部事務所などの勤務を経て、2002年フリーランスのコピーライターとして独立。受賞歴としてTCC新人賞、日経広告賞、毎日新聞広告賞、日本繊維新聞賞など。新生銀行、TBS、日本テレビ、フジテレビ、ヘーベルハウス、森永乳業、スズキ自動車、三井住友海上メットライフ生命、常磐大学、大東文化大学、相模女子大学など他多数。

岩崎美里
写真家
神奈川生まれ。スタジオ勤務後、泊昭雄氏に師事。2007年独立。2009年写真集「あじさいとこころ」(PLANCTON)を出版。広告、TVCF、雑誌、書籍などで活動中。HONDA、Asahi、EPSON、Wacoal、Panasonic、無印良品、Baccarat、電気事業連合会、高橋酒造「白岳しろ」など。

冨樫美咲
ECディレクター
IT企業や劇団などのマーケティング・ディレクション業務に携わり、2020年に独立。ECの立ち上げ、改善、改修などを主な業務範囲とする。発酵デパートメントのECディレクターを務める。


プレスリリース PDFダウンロードはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d54114-20220131-0ecd47481781cce095a2036558aaf1e2.pdf

【リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438−7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・山田
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

営業秘密管理に関する研修を行いました

2022年5月27日(金)に、独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)の方々にお越しいただき、営業秘密管理に関する研修を行いました。

同法人の知的財産戦略アドバイザーである小原 荘平氏より講義を受け、社員一同が出席して研修に臨みました。

講義では、営業秘密管理について以下の観点から話がありました。
・秘密として管理すべき企業情報とは何か(技術・製造分野、営業分野、経営分野)
・情報管理のトラブル(情報漏えいルートの事例紹介)
・もしもの情報漏えいに対処するために(営業秘密の法的保護)
・会社の秘密を守るために(情報管理規定の整備)

弊社はこれからも会社が成長していく中で、営業秘密管理はますます重要になると認識しております。
経営陣・社員が一丸となり弊社独自の技術や、営業秘密を守る体制を構築し、事業に取り組んでまいります。

今後とも私たちを応援いただけると幸いです。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
代表取締役 窪之内 誠 /取締役 ⼯藤 公太
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

BEAMSのブランド「fennica(フェニカ)」に導入いただいております

BEAMSのブランド「fennica(フェニカ)」にて、今年4月より天然成分100%の消臭液「きえ〜る」を導入いただいております。

「fennica(フェニカ)」は、日本全国の伝統的な手仕事や世界中から集めた古くからある良い物に、新しい要素を加えて、現代の生活になじむ商品を生み出し、提案しているビームスのライフスタイルレーベルです。

北欧デザインや日本の民芸からセレクトされた服や食器、インテリアと共に「きえ〜る」を並べていただいています。

きっかけは今年の2月に東京・恵比寿で開催された中川政七商店様が主催する「大日本市」にて、ブランドディレクター様に弊社のブースにお越しいただいたことから始まります。

「きえ〜る」の効果や作られた背景を知り、気に入って愛用していただいたことから店舗への導入へと繋がりました。

雑誌「POPEYE」の掲載にも推薦いただき、日本を代表するセレクトショップを率いる方から評価いただき大変光栄に感じております。

私たちは土・水・空気をあるべき状態に整え、快適で清潔な生活・環境に貢献することを存在意義として日々の仕事に向き合っています。

今後も私たちを応援いただけると幸いです。

▶︎「fennica(フェニカ)」の公式HPはコチラから。


【アップサイクル型循環システムとは?】
かつて公害の元になっていた牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材、水質改良材を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生します。この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

北海道放送(HBC)TV番組「快適!ドキドキライフ」で放送されました

北海道放送(HBC)のTV番組「快適!ドキドキライフ」で、天然成分100%の消臭液「きえ〜る」が紹介されました。

「快適!ドキドキライフ」は、「毎週、生活に役立つ楽しくて便利なグッズをDCMで発見!」をコンセプトに放送されている番組です。

この度の放送で「きえ〜る室内用」や「きえ〜るペット用」が取り上げられました。

ご家庭のニオイのお悩みに活躍する「きえ〜る」。
ぜひ一度お手に取っていただければ幸いです。

■放送局:北海道放送(HBC)
■放送日:6月18日(土)9:27〜

▶︎番組公式HPはコチラから

▶︎関連情報:岩手放送(IBC)「素敵生活プラス」でも6月18日(土)11:40〜より放送されました。
番組公式HPはコチラから。(HP内から放送動画をご覧いただけます)

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

日刊工業新聞に弊社記事が掲載されました

2022年6月16日の日刊工業新聞 電子版に、「中小機構北海道、中小企業応援士に窪之内・大西氏」という見出しで記事が掲載されました。

本年6月に弊社社長・窪之内誠が中小企業応援士に委嘱されたことを受け、記事化されました。

記事内では、私たち環境大善が天然の消臭液を開発し、22年度版中小企業白書では「新たな時代へ向けた自己変革力」を持つ企業として紹介された話などが取り上げられています。

▶︎電子版の記事はコチラから。(閲覧には要会員登録)

※本件に関する弊社からのリリースはコチラから。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

業務拡大につき従業員を募集いたします

環境大善では現在、業務拡大につき従業員を募集しております。

内容は、消臭液「きえ〜る」等の商品の製造に関わるお仕事です。

ただいま正社員とパートスタッフを募集しております。
※6/20追記:おかげさまで多数応募いただいたため、パートスタッフは募集を終了しました。

▶︎採用についての詳細はコチラから。

自然豊かな道東の北見市で環境大善は地球の健康を見つめています。

皆さんの強みと今いるスタッフの強みを活かし、時には弱みを補いながら共に学び合って「居住まいの良い」職場環境を作り、人生を「発酵」させていきませんか?

【採用に関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
担当:佐久間
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:recruit@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

「STVラジオ ドキドキFOODパーク」(札幌)に出店しております

本日より「STVラジオ ドキドキFOODパーク」に出店しております。

本イベントは、札幌を代表するお祭り「北海道神宮例祭」 に合わせ出店で賑わう中島公園のすぐそば、札幌パークホテルの 西駐車場を会場に開催されております。

2022年は北海道のガイドラインに従い、感染対策をしっかりと行った上で、 楽しくおいしいイベントとして開催しております。

天然成分100%の消臭液「きえ~る」や土壌改良材「液体たい肥 土いきかえる」などのアウトレット品を多数ご用意しております。

本イベント限定で、アウトレット品ご購入の方に、「きえ〜る 100mL 携帯用ミニスプレー」をプレゼント!

【開催概要】
■日時:6月14日(火)~6月16日(木)11:00~20:00
■場所:札幌パークホテル 西駐車場特設会場 (札幌市中央区南10条西3丁目)
■名義  主催:STVラジオ 協力:札幌パークホテル

皆様のご来場をお待ちしております。

▶︎STVラジオ ドキドキFOODパークの公式サイトはコチラから。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

オホーツク日刊フリーペーパー「経済の伝書鳩」に掲載されました

2022年6月10日のオホーツク日刊フリーペーパー「経済の伝書鳩」に、「中小企業基盤整備機構から功労者感謝状受ける」という見出しで記事が掲載されました。

※本件に関する弊社からのリリースはコチラから。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

雑誌「POPEYE」に掲載されました

マガジンハウス社が出版する雑誌「POPEYE」7月号(2022年6月9日発売)に天然成分100%の消臭液「きえ〜る」の室内用・洗濯用が掲載されました。

「ポパイノーツ」というページで、編集者がセレクトしたアイテムと共にご紹介いただきました。

BEAMSのブランド「fennica(フェニカ)」を率いる北村恵子さんに推薦いただいて掲載に繋がった本記事。

梅雨シーズンを迎えるこの時期に、身の回りのアイテムや洗濯に「きえ〜る」を試してみてはいかがでしょうか。

▶︎雑誌のご案内はコチラから。
▶︎掲載されたアイテム「きえ〜る 室内用 400mL」「きえ〜る 洗濯用 600mL

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

北海道新聞に弊社記事が掲載されました

2022年6月9日の北海道新聞(北見オホーツク欄)に、「中小企業応援士に環境大善社長  管内初  関連機関を仲介」という見出しで記事が掲載されました。

※本件に関する弊社からのリリースはコチラから。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

中小機構から感謝状贈呈ならびに中小企業応援士の委嘱を受けました

2022年6月7日(火)に、中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)より感謝状の贈呈ならびに中小企業応援士の委嘱を受けました。

中小機構 北海道本部 富樫透本部長をはじめとした中小機構の方々、また複数のメディア関係者にお越しいただき、贈呈式が執り行われました。

中小機構と弊社との関係は、創業翌年の2007年にまでさかのぼります。

当時の社長、窪之内覚が札幌の展示会に出品した際に、中小機構の方に弊社の事業に注目いただいたことがきっかけでした。

そこから無害化した牛の尿を活用した事業が中小機構から「地域資源活用事業」に認定され、事業計画の作成支援や補助金により支援に繋がっていきました。

この補助金を活用して、各研究機関や大学と協力し安全性を確立する試験を進めることができ、今の安全・安心な商品づくりのベースになっています。

商品の価値が世の中に認められてきたことから、2014年には「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定され、今日まで弊社の事業に多くの応援をいただいておりました。

継続的な事業への取り組みが、「中小企業者の活躍及び地域の発展に大いに貢献されました」との感謝状に繋がったのかと考えると、よりいっそう身が引き締まる思いです。

今回の訪問では感謝状の贈呈に合わせて、中小企業応援士の委嘱も受けました。

こちらは中小機構とともにさまざまな課題を抱える地域の中小・小規模事業者を応援する制度で、地域経済の発展と事業者の活躍を支えることを目指しています。

弊社は今後も地域経済への貢献を志し、事業に取り組んでまいります。

今後とも私たちを応援いただけると幸いです。


【アップサイクル型循環システムとは?】

かつて公害の元になっていた牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材、水質改良材を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生します。この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・⽯川・板橋・竹井・大岩
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/

« Older posts