スタッフ ブログ

スタッフがメールでのお問合せに答えたり
日常の雑感を日記風に語ります

Month: 9月 2020

令和元年度補正・令和⼆年度補正 ものづくり・商業・サービス⽣産性向上促 進補助⾦採択のお知らせ

 この度、環境⼤善株式会社は、令和元年度補正・令和⼆年度補正 ものづくり・ 商業・サービス⽣産性向上促進補助⾦(通称:ものづくり補助⾦)にて採択を受 けました。

<採択テーマ>

機器分析による品質管理の⾼度化とコストの削減

(コロナの影 響による内製化含む)

 私たち環境⼤善は、畜産廃棄物をアップグレードリサイクルし販売していく 事により、サーキュラーエコノミーを⾏っております。今回のものづくり補助⾦ により、現在よりも⾼度化した品質管理が可能となります。

  私たちはこれからも研究を進め、地球温暖化の抑制や循環型社会の創⽣に貢 献します。

今後とも環境大善を応援いただければ幸いです。

北海道新聞朝刊にサポイン事業の採択を受けた記事が掲載されました

 9月26日北海道新聞朝刊(地域面 北見オホーツク)欄に、北見工業大学と環境大善の研究グループが、中小企業庁が行っている令和2年度戦略的基盤技術高度化支援事業(通称サポイン事業)にて採択を受けた記事が掲載されました。

 このサポイン事業採択のテーマは「光合成微生物増殖促進剤の純培養製造技術開発」です。

 北見工業大学と環境大善株式会社の研究グループは本事業で、牛のふん尿に含まれる微生物の増殖促進に寄与している成分の特定などを目指します。

 この研究が進むことで、高効率製造の実現、高品質商品の提供が可能となり、幅広い光合成微生物プロセスに適用できる商品が供給可能となります。

 本事業では、当社の持つ技術が次世代バイオ産業の発展に役立つよう研究を行ってまいります。

オンラインイベント「私のデザイン経営 強くて愛されるブランドをつくる人々 No.3」のご案内

環境大善では、7月よりオンライン番組を始めました

弊社で取り組んでいるブランディング。
スタートから2年が経過した2020年3月にCI・VIを一新いたしました。
皆さんにも「環境大善」という名前や、弊社の理念、ミッション、ビジョン、スローガンが徐々に浸透してきたのではないかと思います。最近「どういうやり方でブランディングを進めているのですか?」と聞かれることが多くなりました。

皆さんブランディングを進めたいけれど、「実際のところどんな風に進めて良いかわからない」というお声を多くいただいたので、
共に学ベる場として、また、私どもの経験が少しでもお役に立てればと思い、オンライン番組を企画し配信していくことにいたしました。
題して

「私のデザイン経営 強くて愛されるブランドをつくる人々」

この番組では、弊社アートディレクターの鎌田順也さんと、
長く弊社のCMに出演いただいているフリーアナウンサーで北海道観光大使の青山千景さんに加え、毎回ゲストをお招きしまして
「ブランディングの過程や想い」
「デザインと経営」
「ブランディングやブランドに纏わる話」
「伝えるとは?」
など様々なことを対談形式でお話ししようと企画しています。

第3回目はゲストに中川政七商店 中川政七さんをお招きします

11月26日(木)の第3回目の放送では、ゲストに「中川政七商店」「遊 中川」「日本市」など工芸をベースにした雑貨の自社ブランドを確立・全国に約60の直営店を展開し、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、2009年より業界特化型の経営コンサルティング事業も展開されている中川政七商店の中川政七さんをゲストにお招きいたします。

視聴申込方法

ご興味のある方は下記のフォームよりお申し込みいただきますと、後日視聴用URLリンクをお送りいたします。

https://forms.gle/nfHULviL6Zm2STD1A  応募〆切 11月25日(水) 19時00分まで

・放送日時 11月26日(木)19時〜20時30分
・放送コンテンツ:YouTubeの環境大善公式チャンネルにてYouTubeLiveで限定公開

出演

・環境大善株式会社 代表取締役社長 窪之内 誠
・KD 代表 アートディレクター 鎌田 順也
・フリーアナウンサー 北海道観光大使 青山 千景

・ゲスト 株式会社中川政七商店 代表取締役会長 中川 政七さん 

—–<ゲストのご紹介> —————————————————–
1974年生まれ。京都大学法学部卒業後、2000年富士通株式会社入社。

2002年に株式会社中川政七商店に入社し、2008年に十三代社長に就任、2018年より会長を務める。

業界初のSPA業態を構築し、「中川政七商店」「遊 中川」「日本市」など工芸をベースにした雑貨の自社ブランドを確立・全国に約60の直営店を展開している。

「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、2009年より業界特化型の経営コンサルティング事業を開始。初クライアントである長崎県波佐見焼の陶磁器メーカー、有限会社マルヒロでは新ブランド「HASAMI」を立ち上げ空前の大ヒットとなる。現在は奈良県のGDPを上げるプロジェクト「N.PARK PROJECT」を提唱し、数多くの魅力あるコンテンツ創出を目指す。

2015年には、独自性のある戦略により高い収益性を維持している企業を表彰する「ポーター賞」を受賞。「カンブリア宮殿」「SWITCH」などテレビ出演のほか、経営者・デザイナー向けのセミナーや講演歴も多数。著書に『小さな会社の生きる道。』(CCCメディアハウス)、『経営とデザインの幸せな関係』(日経BP 社)、『日本の工芸を元気にする!』(東洋経済新報社)

■ご参考記事

2020年6月9日 日経ビジネス https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19nv/120500136/052700154/

この番組を通じて視聴者の皆様と共に成長していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。



勧善懲悪で地球を守る(北海道新聞9月23日北見版掲載)

 北海道新聞9月23日北見版に、私たちの考えを連載させていただいております企画の第4回目となる掲載をいただきました。(前回の内容はコチラから)。

 『地球がいつまでも健康であってほしい』

 環境大善は心からそう考え、「善玉活性水」が地球の健康維持にさまざまな分野で役立てるよう日々研究開発に取り組んでいます。

 「土、水、空気研究所」の設立で、農作物の収量の増加や、地球規模での牛のし尿のアップサイクル型循環システムの実現、微細藻類を増やし空気を浄化する研究など、さらなる地球の健康維持の貢献を目指します。

 地球環境を脅かす悪玉菌を減らし、本来あるべき善の状態に戻す。

 こらからも環境大善は地球の健康を見つめながら研究開発に取り組んでいきます。

クリエイティブディレクション+アートディレクション 鎌田順也
コピー 清松俊也(キャッチャーゴロ)
イラスト 小川雄太郎

オホーツク経済情報TOA 9月16日・23日合併号に弊社サポイン事業採択の記事が掲載されました

 9月23日の『オホーツク経済情報TOA 9月16日・23日合併号』に、北見工業大学と環境大善の研究グループが、中小企業庁が行っている令和2年度戦略的基盤技術高度化支援事業(通称サポイン事業)にて採択を受けた記事が掲載されました。

 このサポイン事業採択のテーマは「光合成微生物増殖促進剤の純培養製造技術開発」です。

 北見工業大学と環境大善株式会社の研究グループは本事業で、牛のふん尿に含まれる微生物の増殖促進に寄与している成分の特定などを目指します。

 この研究が進むことで、高効率製造の実現、高品質商品の提供が可能となり、幅広い光合成微生物プロセスに適用できる商品が供給可能となります。

 本事業では、当社の持つ技術が次世代バイオ産業の発展に役立つよう研究を行ってまいります。

JAPAN ブランド育成⽀援等事業(特別枠)採択のお知らせ

 この度、私たち環境⼤善は、中⼩企業庁が⾏っている令和 2 年度補正予算事 業「JAPAN ブランド育成⽀援等事業(特別枠)」の採択を受けました。

当社は、2018 年よりアートディレクター鎌⽥順也⽒と共働し、コーポレート アイデンティティ(C I)の刷新などを⾏ってきました。2020 年 3 ⽉には「株式会社環境ダイゼン」から「環境⼤善株式会社」へと社名変更を⾏い、また、新たな挑戦としオンライン番組「私のデザイン経営  強くて愛されるブランドをつくる⼈々」の配信を 7 ⽉より⾏っております。今後、これらの活動をより磨き上げ、新しい事にも挑戦していきます。

  引き続き、環境⼤善を応援いただければ幸いです。

  

※第⼆回「私のデザイン経営 強くて愛されるブランドを作る⼈々」

・放送⽇時 9 ⽉ 23 ⽇(⽔)19 時~20 時 30 分

・YouTube の環境⼤善公式チャンネルにて YouTubeLive で限定公開

・お申込方法  https://forms.gle/kzjP18oa5YE7EdA6A  よりお申し込みいただきますと、後程視聴用URLリンクをお送 りいたします(応募〆切 9⽉22⽇(⽕) 19時00分まで)。

オンラインイベント「私のデザイン経営 強くて愛されるブランドをつくる人々」のご案内

環境大善では、7月よりオンライン番組を始めました

弊社で取り組んでいるブランディング。
スタートから2年が経過した2020年3月にCI・VIを一新いたしました。
皆さんにも「環境大善」という名前や、弊社の理念、ミッション、ビジョン、スローガンが徐々に浸透してきたのではないかと思います。最近「どういうやり方でブランディングを進めているのですか?」と聞かれることが多くなりました。

皆さんブランディングを進めたいけれど、「実際のところどんな風に進めて良いかわからない」というお声を多くいただいたので、
共に学ベる場として、また、私どもの経験が少しでもお役に立てればと思い、オンライン番組を企画し配信していくことにいたしました。
題して

「私のデザイン経営 強くて愛されるブランドをつくる人々」

この番組では、弊社アートディレクターの鎌田順也さんと、
長く弊社のCMに出演いただいているフリーアナウンサーで北海道観光大使の青山千景さんに加え、毎回ゲストをお招きしまして
「ブランディングの過程や想い」
「デザインと経営」
「ブランディングやブランドに纏わる話」
「伝えるとは?」
など様々なことを対談形式でお話ししようと企画しています。

9月23日(水)の第2回目の放送では、ゲストに大阪府和泉市で
「カーペットを日本の文化にする!」
というビジョンを掲げて1962年からウールのウィルトンカーペットのものづくりと向き合っていらっしゃる3代目社長の堀田将矢さんをゲストにお招きいたします。

視聴申込方法

ご興味のある方は下記のフォームよりお申し込みいただきますと、後程視聴用URLリンクをお送りいたします。

https://forms.gle/kzjP18oa5YE7EdA6A  応募〆切 9月22日(火) 19時00分まで・放送日時 9月23日(水)19時〜20時30分
・放送コンテンツ:YouTubeの環境大善公式チャンネルにてYouTubeLiveで限定公開

出演

・ゲスト 堀田カーペット株式会社 代表取締役社長 堀田 将矢さん 
1978年大阪府生まれ。北海道大学経済学部卒業後2002年にトヨタ自動車株式会社入社。2008年に堀田カーペット株式会社に入社。2017年2月3代目代表取締役社長就任。
2016年にウールラグブランド「COURT」を立ち上げ、全国の家具店や雑貨店でお取扱いいただいている。また、自邸「カーペットの家」を2015年に竣工し、自ら「生活者」としてカーペットの暮らしを体感し、カーペットの暮らしのショールームとしても、多くのお客様にカーペットの啓蒙活動を続けている。
○ホームページ
・堀田カーペットHP https://hdc.co.jp/・堀田社長note https://note.com/masayahotta

○掲載メディア・日経トップリーダー
巧みな顧客との接点づくりで、高級羊毛カーペットの良さを浸透https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19nv/120500136/052700158/
   Premium Japan
・暮らしに温もりと色を。堀田カーペットが発信するウールカーペットの真の魅力
https://www.premium-j.jp/premiumsalon/20200213_8092/#page-3
さんち〜工芸と探訪〜
・0.2パーセントまで縮小した市場から逆襲する、堀田カーペット新社長のライフスタイル戦略
https://sunchi.jp/sunchilist/sakai/104712


・環境大善株式会社 代表取締役社長 窪之内 誠
・KD 代表 アートディレクター 鎌田 順也
・フリーアナウンサー 北海道観光大使 青山 千景


不慣れな点も多々ございますが、少しずつ良い番組にし、視聴者の皆様と成長していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

女性週刊誌・ファッション雑誌an•an「カラダにいいものカタログ」に掲載されました

マガジンハウスが発行する女性週刊誌・ファッション雑誌「an•an」の連載企画「カラダにいいものカタログ」に弊社商品「きえーる」が掲載されました。

「カラダにいいものカタログ」は、口コミで得た情報やan•an編集部スタッフが自ら試したカラダにまつわる良品を厳選し、グッズ、サプリ、食品などからおすすめ商品をご紹介している連載企画です。

●掲載商品はこちら

・きえ-る Uシリーズ 身の回り用スプレー 300ml

・きえ-る Uシリーズ ゼリータイプ 無香 140g

・きえ-る Uシリーズ 洗濯用 600ml   

●WEBページにも掲載されております。

file-312 「きえーる Uシリーズ身の回り用」

https://magazineworld.jp/anan/anan-karada/catalog-2216/

ぜひご覧ください。

「きえーる Uシリーズ 身の回り用」ご購入はコチラから↓

掲載号:2020年9月9日発行NO,2216号 美乳強化塾2020/三吉彩花 54P

令和 2 年度戦略的基盤技術⾼度化⽀援事業(通称:サポイン事業) 採択のお知らせ

 この度、国立大学法人北見工業大学と環境大善は、中小企業庁が行っている令和2年度戦略的基盤技術高度化支援事業(通称サポイン事業)にて採択を受けました。

詳細は次の通りです。

■北海道経済産業局

事業管理団体 :国立大学法人 北見工業大学

主たる研究機関:国立大学法人 北見工業大学

主たる中小企業:環境大善株式会社

<採択テーマ>

「光合成微生物増殖促進剤の純培養製造技術開発」

<採択内容>

次世代バイオ産業のコア技術として、光合成微生物(微細藻類・シアノバクテリア)の活用が期待されております。現在、北見工業大学と環境大善株式会社の研究グループでは、従来、十分な処理をされないまま農地還元されていた家畜の糞尿に光合成微生物の増殖を促進する成分が含まれていることを発見し、畜産廃棄物である家畜排泄物から光合成生物の生育を促進する製剤へのアップグレードリサイクルを達成しております。

本事業では、微生物の増殖促進に寄与している成分を同定し、その生産菌を分離し、分離菌の純粋培養による生産系を構築することにより、医薬品・食品・ファインケミカルズを製造する事業者のニーズ・課題に対応した新製品の研究開発を目的とします。こうすることで、高効率製造の実現、高品質商品の提供が可能となり、幅広い光合成微生物プロセスに適用できる商品が供給可能となります。

<環境大善のコメント>

 私たち環境大善は、牛のし尿を発酵・熟成させた液を原料として土壌改良材などを製造しております。畜産廃棄物をアップグレードリサイクルし販売していく事により、サーキュラーエコノミーを行っております。今回のサポイン事業では、当社の持つ技術が次世代バイオ産業の発展に役立つよう研究を行っていきます。

「もっと快適に、もっと安心して、人が健康な地球と共に生きて行くために。」

環境大善株式会社

<北見工業大学オホーツク農林水産工学連携研究推進センター 小西正朗教授のコメント>

 これまでの共同研究でふん尿発酵液に光合成微生物の増殖促進効果を確認しています。本事業では増殖促進成分の生産方法を効率化します。この研究が進展すれば、廃棄物であった家畜ふん尿にさらなる付加価値を与えるだけでなく、ユーザーであるバイオ企業(川下事業者)がこの発酵液を活用することで光合成微生物の増殖や有用物質生産の効率化を促し、バイオ産業全体の効率化やCO2削減などが達成できると考えています。我々は、この研究を通して、地球温暖化の抑制や循環型社会の創生に貢献します。